Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
RECOMMEND
 
UNIVAC・ユニバック異業種交流。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
インストレーションクルー時代その2
UNIVAC1100/80インストレーションでの失敗!

当時のコンピュータは、基板(パッケージと呼んでいた)がたくさんあり、CPU、メモリー、入出力装置・・・・・等々(忘れてしまった)それぞれの装置に何十枚もの基板から成り立っていた。それぞれの装置が洋服ダンスのような大きさである。(高さは自分の身長よりも高かったし、横幅は両手を伸ばして届くか届かないような大きさであった。・・・表現はあっているかなぁ・・・)

あれは、今でも忘れない!

三鷹のあるお客様(天文台?)にユニバック1100/80を導入時のことである。M君が基板を追加で挿入するときなかなか入らない・・・、それで自分がやることになったが、何かひっかかりがあり上手く押し込めない(挿入できない)。それでも強引にぐっと押し込んだらぐにゃっとしたような感覚になったので、あわてて引き戻して奥のほうを見るとピンが曲がっている!

これだ!このせいだ!曲がっているピンが悪いといってピンの差し替えのスペシャリストのM君に又代わって作業してもらった。このピンを曲げたのは自分です。ごめんなさい!

ただ、最初からピンが曲がっていて基板が挿入できなかったわけではありません。ピンが真っ直ぐではなく、多少曲がっていた為なかなか挿入できなかったのを強引に押し込んだので曲がってしまったと思われます。事を大きくしてしまいました。

この失敗をキッカケにパッケージ(基板)の挿入は上手になりました。

この数年後、パッケージ(基板)にICを付けたり外したり、ラッピングワイヤーで結んだり、ハンダ付け(半田付け?)したりする作業を1日3交代制でやりました。左手にハンダごて(半田コテ?)をもち、右手にハンダ吸引機を持ちシュパシュパ(スパスパ)とハンダクズを吸い上げるのです。ベテランになりました。
| インストレーションクルー時代 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
外国為替システム
オフコンシリーズ8による販売管理システム等の導入やプログラミング・システム設計〜等々を2年前後?経験後、また所属が変わりました。

同じ、オフコンシリーズ8を使った、外国為替システムの開発部隊です。この仕事は退職するまで続きました。この外国為替システムは日本全国の信用金庫、地銀に導入されました。

北は北海道・旭川・札幌、山形県、宮城県、から南は九州・沖縄まで出張させていただきました。四国は岡山に出張に行った時、自由時間を使って四国に行き小豆島にも足を伸ばしました。

旭川のラーメンも美味しかった。山形県酒田のふぐ鍋も美味しかった。仙台も良かった。沖縄の泡盛も首里城も良かった。

いい上司・先輩・後輩ほかメンバーにも恵まれました。
| 外国為替時代 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
オフコンシリーズ8
インストレーションクルーを約3年?くらい従事しました。
そのころユニバックの社内情勢は、技術職(CE)から営業職、システム職への配置転換が活発にすすめられていました。

小生もシステム職へ配置転換をすすめられました。
同じシステム職でも汎用機のシステムか小型機(当時オフコンが出始めてきました)か希望を聞かれましたので歴史のある汎用機よりも出たばかりのオフコン(オフィスコンピュータ)の方を希望しました。オフコンは「シリーズ8」と呼ばれ事務机の上にディスプレイが載っているような、当時としては小さなコンピュータでした。

研修を2ヶ月くらい渋谷駅に近い背の高い○○ビルで受けました。研修が終わり赤坂(ユニバック本社)のオフコン・シリーズ8専属部隊に配属されました。この職場では、単にプログラムするだけでなく設計やお客様との折衝の仕方等々たくさんのことを学びました。約2年(3年?)位いました。コンピュータというものが身近に感じられるようになったのもこの頃です。

| オフコンのPE・SE時代 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京アスレティッククラブ(タック)
東京アスレティッククラブ通称タック(TAC)

中央線中野駅から数分のところにあります。
会社の帰り道でしたのでよく利用しました。

サウナは風呂代わり
ほとんど毎日風呂代わりに行っていると言う人もいましたが、もちろん風呂代わりにもしました。しかし運動もしましたよ。
まず準備運動として、1週100mのトラックを10週します。その次は、腹筋です。腹筋台を約45度に傾けて10回。懸垂を10回。背筋を10回。スクワットその他いろいろ。
ベンチプレスの鬼
ベンチプレスは60kgから70kg、80kg、90kg、100kg順にあげていきました。最高は115kg。体重は58kg〜59kgでしたが、良くあげたものです。ただ正式なあげ方ではない(反動をつけました)ので記録にはなりません。あ・げ・た・というだけです。
ベンチプレスの鬼は、同じ会社のH田さん。この人はすごかった。小さい体でしたが、体中筋肉のかたまりという感じでした。
キックの鬼
当時、大きな大きなサンドバッグがありました。パンチ、キックも練習しました。いい音を出していました。空手ブームでしたのでちょっとかじった人から本格的な人まで憂さ晴らしに良かったですね。元プロのキックボクサーの方にも一時手ほどきを受けました。パンチとキックのシャドーを鏡の前で一心不乱にやっていました。武蔵境の佐藤塾にも通っていましたので勉強になりました。そのうちサンドバッグは撤去されました。
プールにもお世話になりました。
沖縄に遊びに行く前は、深さ5mの潜水用のプールでよく練習しました。もちろん?素潜りです。フィンもつけません。シュノーケルもつけません。めがねだけです。小学校のころから磯遊びで素潜りしていたので5mくらいは潜れました。当時は潜水用プールも自由に利用できましたが、そのうち利用規則が厳しくなって勝手に利用することはできなくなったようです。
沖縄の島々は北は瀬底島〜南は八重山諸島まで毎年いきました。
中でも始めて行ったのは日帰りでケラマ・渡嘉敷島です。

酒飲みの鬼
運動が終わった後は、良く飲みに行きました。酒好きな人がたくさんいましたので必ず誘われました。
・・・続く・・・
| 中野東京アスレティック時代 | 19:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
インストレーションクルー
UNIVAC1100/80のインストレーションクルー時代

M/Cの搬入、設置、テストを約1週間で1日3交代制でやりました。

超大型の汎用コンピュータの搬入には熟練した作業員の技が必要でした。まずトラックからビルの○○階まで搬入するわけですが大型のエレベータや通路が確保されているところは良いのですが、大きなクレーンで吊り上げる場合もありました。ちょっと風があるときは大変でした。

コンピュータの移動。これには驚きました!
コンピューター本体をM/Cルームの所定の位置まで移動させるのにコロを使って移動させるんです。(エジプトのピラミッドを作るときの場面で見ますよね。お馴染みかと思います。)ゆっくりゆっくり木の丸たん棒を敷き詰めてコンピュータの後ろに出されたら前に持って行き、これを繰り返しながら進んでいくんです。時代の最先端をいくコンピュータを大昔(?)の作業方法で移動させる。う〜ん。
体力勝負でした。がこれらの作業は運送会社の方がやります。われわれは据付場所を指示するくらいです。

据付が終わると、ケーブリングです。コンピュータのキャビネット間をケーブルで繋いで行きます。現在の状況はわかりませんが、その時代は、CPUキャビネット、メモリーキャビネット、入出力装置のキャビネット等々を膨大なケーブルで繋いでいきました。

ハードウェアのテストが完了するとシステム職(SE)に引渡して作業終了です。

失敗もたくさんしました。
コンピュータのパッケージ(基板)を挿入するときピンを曲げてしまったこと。(この修復が大変)
出張で旅館に泊まっているとき飲み過ぎて朝起きれなくて気が付いたら誰もいない!行き方が分からなくて大変な思いもしました。
兵庫地区に出張のときはホテルに門限があり玄関ドアがなかなか開かなくて困ったこともありました。大阪では昔ボクシング世界チャンピオンのH田選手(当時は既に引退していました)と隣り合わせたこともありました。(会話は無し)これは失敗ではありません。
いろんなお客さんのところに行かせてもらい結構楽しかったです。

この仕事は約3年間くらいでした。
このころは中野TACにも良く通いました。ほとんど毎日行っていました。一部風呂代わりに行っているという人もいましたが、運動もそれなりにやりました。TACも未だ家族的経営の強い時代だった。
・・・続く・・・
| インストレーションクルー時代 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユニバックと両国
両国のL油脂にコンピュータハードウェアの保守員として常駐している時の思い出は、アグネスラム(アグネスチャンではありません。)です。当時CMで活躍していました。本社に挨拶に来たんでしょう。各フロアを回ってきたのです。大きなポスターもいただきました。ありがとうございました。

そうそう雨の新宿御苑に5〜6人で遊びに行った時、偶然にもL油脂(L歯磨?)のラジオ番組にも出演(?)しました。『九州のお父さんお母さん元気ですか?僕も元気です。毎日ハミガキしています。・・・』というようなことを新宿御苑の原っぱのところでしゃべった記憶があります。

L油脂は両国の隅田川沿いにありましたので、田舎ものの小生にとっては観光地気分でした。あの有名な「隅田川」です。船の往来、ボートの練習も楽しませてくれました。相撲取りも。有名な相撲取りは、大関「清国」を遠くから見ました。
また、近くにプロ野球の広島カープの遠征時のホテルがあり、優勝したときはホテルの前に酒樽を置いてみんなに振舞っていました。ごっちゃんでした。
L油脂は、5年くらい?(だったか忘れましたが)お世話になりました。

次は、赤坂の本社勤務になったような気がします。UNIVAC1100-80(イレブンハチジュウ)という最新鋭の大型コンピュータのインストレーションクルー(導入専門チーム)に配属されました。この仕事は大変楽しかった。
・・・続く・・・
| サイト駐在時代 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユニバック新人時代
入社して約半年後、目黒のM銀行は約2ヶ月、立川のT信金は約1年、両国の洗剤メーカーL油脂は数年。ユニバック418−靴箸いγ羞織灰鵐團紂璽燭諒歇蕕鮹甘してきました。当時オンラインノンストップ○○○日達成で常務表彰をいただきました。賞品?ブラウンの髭剃りを頂戴しました。金一封はあったかな?(忘れました)担当者の技術が優れているということではなく、たまたま担当したコンピュータが優れていたのです。(謙遜ではありません)

メモリーは131KB。ハードディスク・・・じゃなかった、当時はそう言ってなかったですね、え〜と・・・磁気ドラムでした。ばかでかい箱の中に大きなドラムがぐるんぐるん(?)とうなりながら回っていました。ドラムの周りをヘッドと呼ばれるものが浮いているのです。よって静に歩かないといけないと注意されていましたが、その近くで相撲を取っているつわもの達もいました。A沢君元気にしているかな。

今のパソコンはメモリーもディスクも各段に向上し、外観は小さくなり片手で持ち運びもできるようになりました。うそみたいですね。
| サイト駐在時代 | 11:49 | comments(1) | trackbacks(0) |
ユニバック三鷹寮事件
昭和45年4月、日本ユニバック三鷹寮で社会人としての生活がスタートしました。その中で事件は起きました。朝食のおかずに腐っている豆が出てきた、と総務に連絡が入ったとのことです。腐った豆?・・・そうもうお気づきでしょう「納豆」です。
私も納豆は初めてでした。納豆といえばお菓子(砂糖菓子風?)の納豆しか食べたことがありませんでした。初めて納豆が出てきたとき食べ方が分からず右や左の仲間の食べ方を観察したものです。何も分からず臭いものを食べていました。

それから赤坂の本社(昭和45年に完成)は、内も外もピカピカでしたが、誰かが通った後は、社内が泥だらけになると言われました。そうです三鷹寮生です。三鷹の駅から寮までの道は舗装されていませんでしたので雨が降ると泥だらけになっていました。


| 研修時代 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユニバック研修時代その2・電話での失敗
昭和45年、約半年間コンピューターの基礎研修を終え、目黒のM銀行に一旦配属され、直ぐ苦い経験をしました。私は今まで電話を使ったことがなかったのです。(本当です。家にもありませんでした。)
保守室という部屋で待機しているわけですが、そこには当然ながら電話が1台あります。いつもは先輩諸氏が一緒にいるので良かったんですが、その日はだれもいなくて私ひとり。なんとなく不安な気持ちがとうとう現実となりました。
リンリンリ〜ンと電話が鳴りました。勇気を振り絞って受話器を取って耳元にもって行きましたが、相手が何かを言っているんですが理解できません。こちらもなんか方言で話したような気がしますが・・・。相手も私が言っていることがわからず、そのうち保守室に怒鳴り込んできました!だれだ!さっき電話を取ったものは!と相手は同じユニバックのSEの方でした。平謝りしました。
しばらくは電話恐怖症になりました。まだ方言も抜け切れていませんでしたので尚更、話すのが怖かったとです。約1年後にはすっかり方言も抜けたような気がします。

そして、秋ごろに立川の「T信金」に正式に配属されました。

次回は、ユニバック三鷹寮の出来事です。

| 研修時代 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユニバックの研修時代
昭和45年4月入社し、約半年?(もう忘れた)くらい研修した記憶があります。ユニバック三鷹寮から大手町、神田のユニバック研修施設に通いました。会社に入ったというより学生の延長のような気分でした。みんな寮に帰ってきても24時前後まで勉強していましたね。タイミングチャートを書いてオンだオフだ、ハイだローだ、アンドだオアーだと、よく理解できないまま過ぎていきました。

キックボクシング
研修も半年過ぎた頃、目黒の今はないM銀行の事務センターに始めて配属されました。ここは2ヶ月くらいいました。事務センターの近くに当時流行っていた?キックボクシングのジムがあり沢村忠がスポーツカーで乗り付けていたのを見たような気がします。(記憶が飛んでいる)10年後くらいにちょっと関係することになるが・・・。

電話での失敗
田舎から出てきた小生は電話というものを使ったことがありませんでした。配属されて始めて電話の前にすわり落ち着かない日々を過ごしました。また、方言が抜けていなかったので余計に心配でした。

そしてついにその時が来ました!
続く


ユニバック入社
ユニバック三鷹寮
| 研修時代 | 16:39 | comments(5) | trackbacks(0) |